京都の木の家

地元で育てた木を、地元で使う。木にも、人にも、地球にも、それが一番いい。

京都の注文住宅は三原工務店 緑の工務店ロゴ
 環境にやさしい京都の木の家づくり緑の工務店
 京都の注文住宅は三原工務店 ウッドマイレージ証明

地元の木を使うことが、森を元気にします

京都府は、豊かな森に覆われ、古くから林業が営まれてきました。
しかし、外国の安い木材に押され、今、京都の森の木は使われずに放置されています。
人が作ってきた森は、管理をしないと、ひょろひょろと細い木が密集し、太陽の光が地面に届かなくなります。
そして、土壌は痩せて生き物も住みにくく、災害が起こりやすい森林となります。
さらには、森の水を蓄える機能や二酸化炭素を固定するという機能が失われてしまうのです。

遠い外国から船とトラックで運ばれる木材は、その輸送時に膨大な燃料を燃やすことで
二酸化炭素を放出し、地球温暖化の原因となっています。

京都の森の木を使うことは、森を元気にし、地球温暖化の防止に繋がります。
そしてなによりも、京都の気候に適した、健康的で丈夫な家を建てることができるのです。


   

「京都の木で家をつくる」
施工例 京都市伏見区 K邸

上棟
      柱 :桧 京都府産
     土 台:桧 京都府産
 構造用合板:杉 京都府産
京都の注文住宅は三原工務店 府内産構造用合板 京都の注文住宅は三原工務店 構造材
京都の注文住宅は三原工務店 上棟1 京都の注文住宅は三原工務店 上棟2
京都の注文住宅は三原工務店 上棟3 京都の注文住宅は三原工務店 上棟4

京都府林務課の検査。
府内産の木材を使っているかのチェックです。
京都の注文住宅は三原工務店 検査 京都の注文住宅は三原工務店 緑の工務店旗

「京都の木でつくるひろびろ平家」
上棟見学会開催しました!

京都府地球温暖化防止活動推進センター
と協同開催で見学会を開催しました
京都の注文住宅は三原工務店 見学会1
京都の注文住宅は三原工務店 見学会2
地球温暖化防止活動推進センター
京都の木で家づくり」コーナー

「京都府産木材証明書及びウッドマイレージCO2計算書」
が、京都府地球温暖化防止活動推進センターより交付されます
認証木材使用量   11.0231m3
ウッドマイレージCO2 215kg-CO2
CO2削減効果     947kg-CO2
京都の注文住宅は三原工務店 流通経路 京都の注文住宅は三原工務店 削減効果
左図は木材の流通経路です

上図は京都府産の木材を使うことで
削減出来た二酸化炭素の量を
ガソリンに換算した結果です。

1軒で398リットルのガソリンが削減出来ました。
ウッドマイレージCO2とは
木材を運ぶ距離に、輸送手段(車・船・・・)ごとにCO2排出量を計算して出します。
kg-CO2(二酸化炭素の排出重量)という単位で、近くの森の木を使うほど、数字が小さくなり
環境負荷が少ないことが分かります。


ますます進んでいく地球温暖化、環境意識も高まってきています。
三原工務店では、緑の工務店もそうですが、
太陽熱利用のハイブリッドソーラーハウスを10年以上前から取り組んでいます。
新しい素材、遮熱材「遮熱シート」を使って、夏の暑さ対策・冬の寒さ対策をしたりと
燃料エネルギーを使わず、効率を良くして住環境を整える方法を考えています。