冬の太陽で室内20℃ 快適にすごせます

太陽熱を効率よく利用したハイブリッドソーラーハウス

ハイブリッドソーラーハウスは、わずかな太陽熱でも24時間の暖房ができるよう、熱ロスをできる限り押さえる建物の工夫と、コンピュータ制御で太陽熱を効率よく暖房・給湯に利用出来る最新のソーラー技術を組み合わせた家です。

夏暑い日には冷房をガンガンかけて冷やす。冬寒い日には部屋を閉め切って暖房をつける。就寝時には暖房を止めて、朝にはまた寒い部屋に暖房をつける。これでは光熱費もかかり、結露しやすく、ダニ・カビの発生しやすい家になってしまいます。ダニ・カビの発生も押さえて、快適な家にするには家全体の温度差をなくし、昼夜も同じ温度を保つ事が大切です。
ところが、高断熱住宅でも24時間暖房に必要なエネルギー量は2〜3倍に増えてしまいます。そこで取り組みを始めたのが太陽熱を利用して24時間床暖房を行う「ハイブリッドソーラーハウス」です。
ひと冬の暖房エネルギーの約3分の2を太陽熱でまかなえるので、これまでと同じか、場合によっては少ないエネルギー量で24時間暖房が可能です。

音・風・においのない24時間床暖房

ハイブリッドソーラーハウスの暖房は、屋根で受けた太陽熱を床に伝えるので、建物全体が温もりを持ちます。エアコンで風を送り続ける暖房とは違い、音も風もにおいもなく一日中家を快適な温度に保ちます。
空気を暖めるストーブやエアコンは部屋の上は暑いのに足下はなかなか暖まりません。また、寒いからといって直接器具に近づくと熱や乾燥で不快になります。床暖房は空気ではなく輻射熱(遠赤外線)によって人体を直接温めるので部屋の上下の温度差はほとんどありません。また、床から放射される熱は冬の日なたぼっことほぼ同じ遠赤外線。じんわりと体の芯から温めてくれます。
また、24時間で家全体の空気が入れ替わるよう換気システムも働きます。同時にハウスダスト・余分な湿気も外に出しますので室内は快適な澄み切った空気となります。

ハイブリッドソーラーハウスのメリット

  1. 奥様の冷え性を解消:遠赤外線効果が体の芯から暖め血行を促進します
  2. ご主人のストレスを解消:穏やかな暖房感が心地良い熟睡を誘います
  3. お子様の喘息やアトピー症状を緩和:床暖房だから空気を汚しません
  4. お年寄りのヒートショックを防止:トイレも暖かい家一軒まるごと暖房で安心です
  5. 家族みんなが優しく穏やかに:自然の恵みで暮らす実感が気持ちに反映します
  6. 広がり空間の設計:床暖房だから大きな吹抜けの設計も可能にします
  7. 建物の耐久性が向上:結露の発生を抑え、木材の腐敗をふせぎます

夏は暑い??ハイブリッドソーラーハウス

ハイブリッドソーラーハウスは太陽からの熱を効率よく利用し、熱損失を少なくするために十分な断熱工事を施してあります。また、家全体は輻射熱を遮断する遮熱シートで覆っていますので、真夏の外壁からの輻射熱を遮断し室内の冷気を逃がしません。
冷房を全くつける事なく、とはまいりませんが、1階と2階を吹き抜けでつなぐなど間取りを工夫する事で1台のエアコンで家全体を十分に冷やす事ができます。

太陽光発電システムとハイブリッドソーラーハウス

住宅用太陽光発電システムは、太陽の光から直接電気をつくって家庭内の電気をまかなう無公害のシステムです。太陽エネルギーの約15%を電力として使えます。
ハイブリッドソーラーシステムは太陽光ではなく太陽熱を蓄え暖房、給湯に使うシステム。熱利用なので電気とは違い用途が限られますが、太陽エネルギーの約55%を利用できる効率の良いシステムです。