京都市伏見区 T邸

ハイブリッドソーラーハウス 新築工事


土地探しから始まったT様の新築計画。ご縁あって三原工務店で新築する事になりました
自然素材をたっぷり使い、体に優しい木の香りがする家が完成しました。

     
完成しました

広々としたLDK
吹抜けをとることで明るさと、開放感が
得られます
断熱をしっかり考えてあるので、大空間でも
快適に過ごせます


キッチン背面の家電収納も大工さんに
作ってもらいました
家の雰囲気とぴったりマッチしています

どの部屋も明るく
自然に囲まれている感じです
建具も杉板でつっくています


ポンプユニット
太陽熱で床暖房をしない季節は
太陽熱を利用してお湯をつくります
370リットルのお湯を貯めることが出来ます
夏のお湯温度は60度以上になります
お水と混ぜて適温で使うので容量以上の
お湯が使えます


外壁通気工法
遮熱シートと外壁材の間に空気の通り道を
つくります
こうする事で壁内結露の発生を防ぎ
家の耐久性も向上します

24時間計画換気システム
本体から各部屋へ延びたダクトで
家中を換気します。
ゆっくりと換気してくれるので風を感じません
湿気やホコリも吸い出してくれます

ハイブリッドソーラーシステム
床蓄熱層
床下に屋根で集めた熱を貯め
部屋の中が寒くなってきたら床から放熱し
部屋を暖めます
太陽熱を利用して床暖房します!

給熱パイプをコンクリートで覆い
蓄熱層の完成です
コンクリートは石です。
石の熱しやすく冷めにくい性質を利用します

断熱材の上に給熱パイプを配管します
1階居室にはもちろん
トイレや廊下にも床暖房!

床下に入れる断熱材

蓄熱床施工前


屋根パネルの周りに瓦を葺き
屋根の工事は完了です

ハイブリッドソーラーシステム
屋根パネル設置
不凍液がパネルの中を通って行く間に
熱を吸収します
この熱を床暖房や給湯に利用します

遮熱工事
遮熱シートを屋根面、外壁面に施工します
家一軒を遮熱シートで包んで
魔法瓶のような状態にします
夏はエアコンの効率が良く、涼しく過ごせ
冬は太陽熱を利用した床暖房の熱を逃がさず
暖かく快適に過ごせます

屋根面(内側より)

外壁面(内側より)

耐力壁工事
建物の強度を造る耐力壁をつくります
写真の「×」や「/」の材料が耐力壁です
家全体にバランス良く配置します

専用の金物で固定します

上棟
柱・梁、家の骨組みを組み立てます。
朝から、クレーン車を使って組み上げるので
1日で棟があがります。

基礎工事完了

養生
まだ朝晩は冷え込むので毛布で
保温しています

鉄筋配筋検査
第三者機関であるJIOの鉄筋検査を受けました
設計通りに鉄筋が入っているかのチェックです。

基礎工事 配筋工程。

基礎工事 整地工程。

地盤改良工事
地盤調査の結果を考察して
地盤改良工事を行いました。

地盤調査
まずは地盤調査から。
土地の強度を調べます。
このページのトップへ施工実績