京都市伏見区 K邸

ハイブリッドソーラーハウス 新築工事


「暖かい家に住みたい」K様の家づくりはここから始まりました
この冬はハイブリッドソーラーハウスで快適です

     

リビング
床/無垢材ヒノキフローリング
壁/珪藻土壁紙

和室
押入れの下に明り取りの窓を設けました

玄関吹抜け

階段下を利用して下駄箱を造りました
玄関がすっきりとした印象になり
喜んで貰っています

洋室
室内建具も無垢材杉板で造りました

貯湯タンク
360リットルのお湯が入ります
夏は床暖房はいらないので
太陽熱はお湯造りに専念します

外回りの完成
壁/サイディングの上塗装仕上げ

屋根/平板瓦葺き

内部造作工事

壁に見えるのが遮熱シート(銀色のもの)
優れた素材で外からの熱、逆に中の熱も
反射するので、室内は快適に保たれます

24時間計画換気設備
家の中の空気を強制的に掃出し
給気口から自然に外の新鮮な空気が入ってくる
ようになっています

空気を掃き出す為のダクト配管
各部屋に配置します
蓄熱層

パイプはコンクリートの中に埋め込みます
冷めにくい石の性質を利用しています
蓄熱層の完成です


パイプ配管
パイプの中を屋根の集熱パネルで温めた
不凍液が流れ、床下に熱を伝え蓄えます

パイプ配管
トイレや洗面所の下にも配管し家全体を暖めます

ベタ基礎の上に防水シートを敷き
その上に断熱材を施工します
断熱材 厚165mm
集熱パネル
南の屋根に太陽熱を集めるパネルを施工します


建物内部より集熱パネルの配管を見る

耐力壁
×に施工してあるのが、ダブル筋違い

耐力壁は多ければ良いというものではありません
建物全体にバランス良く配置する事が大事です。


上棟式
無事に棟が上がった事のお祝いと
これからの工事の安全祈願を行いました

上棟
柱・梁、家の骨組みを組み立てます。

基礎工事完了

鉄筋配筋検査
第三者機関であるJIOの鉄筋検査を受けました。
設計通りに鉄筋が入っているかのチェックです。
このページのトップへ施工実績