京都市伏見区 桃山の家

ハイブリッドソーラーハウス 新築工事


南向きの日当たりの良い大きな屋根に
太陽熱で床暖房と給湯するハイブリッドソーラーシステムのパネルと
太陽光発電システムのパネルを載せました
太陽で発電した電気で、太陽熱を使った床暖房&給湯システムの循環ポンプを動かす
自然エネルギー、太陽熱の恵みをいっぱい受けて省エネルギーに貢献します

     
モデルハウス「桃山の家」が完成しました。
三原工務店が自信を持って建てた家です。是非ご来場ください。
詳しい場所はこちらから

完成しました
ロフト付の楽しい部屋になりました
無垢材をふんだんに使っているので
玄関を入ったら木の良い香りがしています

床 ヒノキフローリング
壁 珪藻土壁紙
天井 杉板張り
建具 無垢杉板建具

和室

子供部屋

リビングには間接照明も造りました。
大工工事も後少しで完了し
壁紙を貼れば完成はもうすぐです。

階段がかかりました。

勾配天井、天井は杉板張りです。

外部足場を取りました!
外部の工事が完了したので足場を撤去しました。
外観のお披露目です。

屋根には
太陽熱で床暖房と給湯するシステムのパネル
さらに太陽光発電システムのパネルの
2種類を載せました。

24時間計画換気システム
洗面所の天井に設置した本体より
各部屋にパイプを配管し
計画的に空気を排気します。
新鮮な空気は各部屋に設けた給気口から
自然に入ってくる仕組みです。
このシステムを組み込む事で
家中を締め切っていても
空気は常に入れ替わっているので
家の中はいつもきれいな空気です。

蓄熱床
屋根で集めた太陽熱を床下の蓄熱体(コンクリート)に蓄えます。温まった蓄熱床は夜間を通し翌日まで熱を持ち続けます。
基礎の上に断熱材を施工し、その上に太陽熱で
温まったお湯(不凍液)を通すパイプ配管。
このパイプをコンクリートの中に埋め込み
蓄熱体の完成です。

コンクリート打設状況
コンクリート厚み185mm

パイプ配管

床下全体に配管します
居室内はもちろん、トイレや洗面所
廊下まで配管します。
一部屋一部屋を暖房するのではなく
家一軒を”まるごと暖房”します。

断熱材施工 厚み180mm

断熱材施工

基礎の上に蓄熱層を施工します

断熱材施工
壁にセルロース断熱材を施工しました。
厚105mm
外壁の外側には遮熱シート
内側にはセルロース断熱材で
より断熱性能の高い家となります。

遮熱シート施工
外壁面にも遮熱シートを施工しました
家全体を魔法瓶の状態にします
夏は太陽の熱線を、冬は冷気を反射し
家の中を快適に保ちます。
夏の暑さ対策・冬の寒さ対策に重要な工程です

太陽光を利用した画期的な集光装置
スカイライトチューブ

屋根面より採光する照明装置です。
屋根面に設置したドームから、太陽光を朝から
夕方まで効率よくキャッチしてチューブの中を
プリズム反射しながら
室内に柔らかい自然光を
取り入れます。


当社はスカイライトチューブ認定店です。
↑室内側

天窓との違いは、優れた遮熱・断熱性にあります。
冬の寒い季節には天窓からすーっと冷たい風が
おりてくるものですが、スカイライトチューブはその心配がありません。
また、チューブを伸ばすことで1階の
暗い部屋にも太陽光を採り入れる事が出来ます。
観葉植物もすくすくと育ちます。

あられやひょうにも強いクリアドーム
熱を遮り、紫外線もカットします

施工状況

棟換気
建物の一番高いところ(棟)に換気部材を施工し
屋根や壁体の通気層の空気を棟から排出しています。
空気の流れをつくることで熱気、湿気は滞留することなく速やかに排出され、温度上昇の軽減が期待できます。また、壁内の結露による木材の腐食を軽減させ、断熱材性能の維持とともに建物の耐久性を高める効果があります。

施工状況

NFP
防蟻対策としてNFP水溶液を塗布しています

NFPとは・・・
防炎・防蟻対策の水溶液です。
アメリカで研究開発された燃えやすい素材を
難燃化し、発煙率を抑制する材料です。
難燃化が困難な天然素材、木材や紙・繊維等を
難燃化出来ます。
またこのNFPを塗布した木材には白蟻がつかない
という実験報告がなされています。
NFPのPH値は7.1と中性で
自然にやさしい水溶液で、安心して使用できます。
もちろん地球環境にもやさしい商品です。
このNFPは寺社仏閣(例:奈良県・東大寺)や
木造の公共建造物にも使用されています。

遮熱シート施工
屋根には遮熱シートを施工しています
屋根からの日射熱が家の中まで入ってこないよう
熱を反射します
家の中の冷暖房の効率がよくなり
省エネルギーになります

家全体の耐力壁の施工が終わると
第三者機関であるJIOによる検査です
設計通りに施工されているか
金物、ボルトの抜けがないかのチェックです

耐力壁
基本の耐力壁にプラスして
外壁面には構造用合板を施工し
耐震強度を上げました

屋根一体型「太陽熱コレクター」

ソーラーパネル(コレクター)設置
↑内部では耐力壁を施工しています

棟が上がりました!

クレーン車を使い、一日で屋根まで
組んでしまいます

養生期間を経て型枠を外し、基礎工事の完成です

    ベースコンクリート打設

←配筋検査
第三者機関であるJIOの鉄筋検査を受けました。
設計通りに鉄筋が入っているかのチェックです。

鉄筋配筋

鉄筋配筋
↑防湿シート
地面から上がってくる湿気を家の中へ入れない
対策です

基礎工事着工

→水道の外部配管と掘削工事が始まりました
このページのトップへ施工実績