京都市伏見区 H様邸

新築工事


おもいっきり絵のかける空間が欲しい!
1階に1部屋、2階の1部屋の1LDK。広々間取りで実現!
断熱性も抜群の家になりました。

     

完成しました
日当たりの抜群に良い家なので
昼間は照明がいりません。
室内の色を木目色とホワイトの2色で
まとめてあるので全体的に
スッキリとした印象になりました

キッチンの扉もホワイトなので
まるで家具のようです




家の中ではキッチンの組立てや
壁紙を貼る工事が進んでいます
これから仕上工事になるので
どんどん完成に近づきます
H様も実感が涌いてきた様子で
家具のレイアウトやカーテンの事などを考えて
楽しんでいらっしゃいます。

外部足場が外れました
すっきりとした外観でH様も喜んでおられました

24時間計画換気設備
気密性が高い家なのでこの計画換気は
大変重要です。
24時間空気の入れ替えをしてくれます

家の中で発生した二酸化炭素や水蒸気、埃も排出し
外部から新鮮な空気を取り入れます

遮熱工事
家をまるごと遮熱材(写真の銀色のシート)
で包みこみ、魔法瓶のような状態にします
夏はクーラーの涼しい冷気を
冬は暖房で暖めた暖気を逃がしません!

夏、屋根や外壁の温度は驚く程高くなります
この太陽の熱気を遮熱し、家の中は快適そのもの。
「2階は暑くて上がりません」とは言わせません!

↑屋根面に施工した遮熱材

外壁面遮熱材
遮熱材の外側に空気層をとる事で
効果が発揮されます

屋根面と外壁面の遮熱材は隙間が出来ないよう
専用テープで張り合わせます
構造材の廻りも丁寧に施工します

JIO(日本住宅保証検査機構)による躯体検査
設計図通りに耐力壁・金物が施工されているかを
第三者機関であるJIOに1つ1つ検査してもらいます
適合判定をもらいこれから工事もどんどん
進んでいきます

耐力壁の施工中です
建物全体にバランスよく耐力壁・金物を施工し
地震時や風などで建物が倒壊しないようにします
火打金物や火打梁は建物の変形を防ぎます

耐力壁


火打金物

火打梁

上棟式を行いました
念願のアトリエが形になってきて実感が
ふつふつと涌いてきていますと
H様も喜んでいらっしゃいました

建物の四隅を清めます
工事の安全とH様のご健康とご繁栄を祈願しました

本日棟上げです!

毎日寒かったのが嘘のように
ぽかぽか暖かく絶好の棟上日和でした

立ち上がり基礎の施工

ボルト施工
コンクリート施工時にボルトをセットしておいて
基礎と建物を強固に接合します

ベースコンクリート打設

鉄筋組

JIO検査
設計図通りに鉄筋が施工されているか
第三者機関のチェックを受けます

転圧
基礎工事

地盤の湿気が上がってこないように
防湿シートを施工します

埋め戻しが終わり
地盤改良工事の完了です

基礎の下にコンクリートの柱を施工します

強固な地盤まで柱を造り建物の沈下を防ぎます

地盤調査の結果、改良が必要となりました
地盤改良工事

地面に柱状の穴を掘りコンクリートと混ぜ合わせます

まずは地盤調査から
敷地の強度を調査します

地鎮祭
建物の完成と工事の安全を祈願しました


更地の状態です。
いよいよここに家が建ちます!
このページのトップへ施工実績