宇治市 S様

   

長期優良住宅の新築工事です!

   
=基礎工事=
上棟
いよいよ上棟の日がやって来ました。
最近雨の日が多いですが、
この日はなんとか天気ももってくれました。

クレーンを使って、一日で棟まで
上げてしまいます。
京都府内産の木を使っています。

構造用合板使用

棟まで上がりました!

遮熱材「遮熱シート」

屋根面全面に施工しました。
夏は屋根からの太陽の熱線を反射
冬は家の中の暖かい空気を室内へ
反射して、外に逃しません。

一年を通して活躍します。
 
 床断熱材施工
 65mmのポリスチレンフォームを床下に入れてから (左写真)
 床下地の構造用合板を施工します。(右写真)
耐力壁・金物施工

上の写真の×になっているのが筋かい。
耐力壁です。
足元(右写真)や頭部分(右上写真)
には筋かい金物を取付します。
地震力や風圧力による水平方向の力に対抗することができるように、
筋かいを入れ、または構造用合板などを張った壁のことを「耐力壁」といいます。

耐力壁は、建物全体を強固にするために必ず入れます。
地震力や風圧力等で建物が倒壊してしまわない様に、
東西南北の揺れを止める役割をします。

筋かい たすきダブル

構造用合板


屋根瓦
一軒分の屋根瓦です
こうやって見ると沢山の量ですね。
屋根工事に1週間程度かかるのも
納得です。
環境にやさしい
京都の木の家づくり支援事業

木材運送時に排出されるCO2の削減と
京都の森を元気にしよう!
ということから、京都府では
京都の木を使って家を建てると
使った量に準じて交付金が支給されます。
今日は、京都の木を使っているかの
現場検査の日でした。

24時間計画換気システム
2時間に1回、家中の空気を入替する
換気システムです。
家中に配管されたパイプより、
空気を1ヶ所に集めて排気します。

換気本体から強制的に排気し、
各居室にもうけた給気口から
自然と外気が入ってきます。

給気口には、フィルターが内蔵されているので
埃や花粉などはここでシャットアウト!

2時間に1回のゆっくりとした換気なので
入ってくる外気で寒くないの?
と思われ方も多いですが、気になりません。

家中に配管された排気ダクト


↑給気口

↑24時間換気本体
見学会を開催します!
『長期優良住宅』見学会

お施主様のご好意により現場公開させて頂けます。
2010年1月10日(日)・11日(祝)
セルロース断熱材 施工
表からは見えない断熱材ですが
暮らしの快適を作る主役です。


セルロース断熱材の原料は
100%が古紙のリサイクルです。
防火、防湿、防虫・防カビ、防音
に優れています。

壁面 厚105mm

天井面 厚200mm
外壁に面する、壁面・天井面に、隙間がないようパンパンに充填します

↑縁側の天井は仕上がっています

外壁
この上にセメント系のボードを貼ります
見学会を開催しました!
お施主様のご好意により、施工現場の公開をさせていただきました
お天気にも恵まれました。ご来場ありがとうございました。


足場を外しました!

民芸調の外観です。
感じよく仕上がっています。
完成しました
リビング 床はたたみ敷きです。
リビング上の吹抜け 2階居室

2階廊下
吹抜けに面しているので
明るく、開放感があります

この吹抜けを通して
どこにいても家族の気配が感じられ
家全体がひとつの居室のような
空間となります。

このページのトップへ 施工実績