長野県 M様

   

建築地は長野県!    
北には浅間山、南には蓼科連峰が望める自然豊かな土地    
ここにハイブリッドソーラーハウスが建ちます!    

   
地盤調査
以前は畑だったそうです。良い地盤でした。
地鎮祭
地元の神社さんに来て頂き、地鎮祭を執り行いました。
地面を清め、土地を利用する事をお願いします。また、工事の安全祈願の意味もあります。
上棟
本日上棟をしました!
前日までの雨で天候が心配でしたが、昼からは青空も見えて上棟日和でした。
沢山の職人さんに頑張っていただき、一気に棟まで上がりました。

上棟式
棟が上がった御祝と、
これからの工事の安全を祈願します。

大工さんが棟まで上がり
掛け声
梁締め 『永永棟(えいえいとう)』 コンコン
かけやを振って棟をたたきます。
未来永後この棟の下で
ご家族のご多幸を願います。
りんごが実っていました。 現場からの風景
見えているのが蓼科連峰です。
屋根 遮熱材「遮熱シート」施工
遮熱シート →静止空気層 →通気空気層
と施工する事で、外気の熱は外気へ、家の中の熱は中へはね返します
外気の影響を受けにくい住空間が出来ます。


内部では、筋かいや金物取付の工事
が進んでいます。

図面通りに筋かいや金物が設置して
あるか、第三者機関であるJIO
が検査します。
南面の屋根にソーラーパネル(集熱器)を設置しました
外部の施工も進み、家の外形が見えてきました
屋根瓦葺工事    三州瓦(S)エスパニカ
蓄熱床工事
床断熱材 厚150mm この上に給熱パイプの配管をします。

給熱パイプ配管

下2枚の写真の給熱パイプが
ピンク色なのは
パイプの中の不凍液の色です。
漏れや不具合がない事を確認し、
コンクリートを打設します

蓄熱層コンリート打設

蓄熱層の完成です
24時間計画換気システム
家中の空気を1時間に0.5回入替
ゆっくりとした空気の流れですので
音も風も感じません。
電気配線工事
セルロース断熱を施工する前に
配線工事を終わらせます。


内部蓄熱層工事が進む中、
外部工事も平行して進んでいます。

→外部塗装工事

↓外壁サイディング張

セルロース断熱材施工

材料は古紙です。
ホースで壁の中にパンパンに詰め込みします。厚105mm
天井には厚200mmを敷き込みます。

断熱効果はもちろんですが、防音・防火・防虫にも効果があり
結露防止にもなります。

天井 施工前

天井 施工後


浴室の組立て


階段がかかりました
檜階段。
1階の様子(左)  2階の様子(右)
これから、壁下地のボード貼りです。
外部の工事が終わったので
足場をはずしました。

大きな赤い屋根と白い壁が印象的な
素敵な家ですね。

日当たりが良すぎて上手く写真が
撮れません。。。
壁下地が終わり、これから壁紙を貼る作業に入ります。


2階ホール
手摺子は大工さんの造作です。
完成しました
2階居室
リビング

浅間山がくっきり!
空気が澄んでいて綺麗にみえました。雪化粧です。
 
冬、太陽で床暖房があるので、そんなに出番はありませんが
薪が手に入るやすいので、暖炉を設置する事になりました。


本日はハイブリッドソーラーシステムの
貯湯タンクを設置する作業です。
寒いなか職人さんが作業してくれていました。

これで、機器接続が完了するので
ソーラーシステムの運転が開始できます。


ポンプユニット設置完了です。
リビング リビングにある吹抜け
桧階段
リビングは南に面しているので、太陽の光が差し込み、とても明るい家です。


今年の冬は雪が多かったですが
この地域はあまり雪は積もらないんです。

積もってもこの位です。
このページのトップへ 施工実績