京都市伏見区 F様邸

モデルハウスを見学されて、ハイブリッドソーラーハウスの快適さを体感されて決めていただきました。

               

更地の状態

地鎮祭

敷地の四隅を廻り、清めます
基礎工事 ベタ基礎
防湿シートを敷込、配筋していきます。
ベース配筋


基礎完成

上棟しました

上棟式
屋根面: 遮熱材「遮熱シート」施工

通気層を設けます

棟部

「遮熱シート」は
夏は太陽の熱線を反射、冬は冷気を反射します


ソーラーパネル設置工事
屋根瓦葺き工事

JIO日本住宅保証検査機構
構造体検査
資格を持った第三者機関による検査です
設計図通りに壁が出来ているか、
金物が設置されているかを確認します。


ソーラーパネル設置と屋根瓦、板金工事
連携で工事は進みます
屋上防水下地「遮熱シート」張 屋上にも屋根と同じく通気層を設けます
蓄熱床工事


基礎の上に防水シートを敷き
断熱材 厚150mm を敷いて
蓄熱した熱が逃げない様にします


断熱材が敷けたら、給熱パイプを配管します
居室はもちろん、廊下やトイレにも配管し
家全体を暖めます。


コンクリートを流し込み蓄熱層の完成です

コンクリートは石と同じなので、一度暖めたら
冷めにくく、太陽が沈み冷えてくる夕方から、
蓄えた熱を居室へ放熱し、家全体を暖めます

24時間計画換気システム

せっかくの快適温度を逃がさない為にも、
気密性を高めています。
なのでこの24時間計画換気が必須となります。
家中に巡らせたダクトで計画的に強制排気し、
各居室に設けた給気口から自然給気します。

壁紙施工前

壁紙用糊

一棟分の壁紙です


外観正面
 完成しました!
リビングよりキッチンを見る
床:無垢桧フローリング 壁・天井:珪藻土壁紙 腰壁:杉板

キッチンよりリビングを見る

キッチン タカラ製

キッチンの上が吹抜になっています。

2階ホールよりキッチンを見る
家族が自然に顔を合わせられる様に、リビング階段にしました。
階段:無垢桧材
トイレ
桧張りなので、桧の良い香りがします。
便器:TOTO製
洗面所
タオルや下着等を収納する棚を大工さんに
造ってもらいました。
洗面化粧台:タカラ製

2階ホール
階段を上って行くと屋上へ出られます。洗濯など
毎日上がり降りする所なので常設階段にしました。


屋上
ハイブリッドソーラーハウスでは、太陽の光を効率
良く得る為に、屋根勾配がきつくなります。
小屋裏空間が大きくなるので、その空間を利用して
屋上を造りました。
洋室 天窓付
床:無垢桧フローリング 壁・天井:珪藻土壁紙 建具:無垢杉板張り

外観正面

外観東側

このページのトップへ施工実績